子供の年齢に合わせて成長曲線や平均身長などをチェックしておこう

子供の年齢に合わせて成長曲線や平均身長などをチェックしておこう

ホルモン治療が必要かも?

娘は正期産だったにもかかわらず、低出生体重児でした。

 

身体も細くて母乳の飲みも悪かったこともあり、必死に体重を増やそうとしたのですが思うようにはいきませんでした。

 

低出生体重での出産だったのて、他の赤ちゃんより頻繁に検診していたのですが、1歳のときに担当医からホルモン分泌不全かもしれないから引き続き検診をするように言われてショックを受けたことを覚えています。

 

この先、成長曲線からはずれたまま3歳を迎えたらホルモン治療を始める必要かあると説明をされました。

 

小柄だとは感じていましたが、病気の可能性があるだなんて考えていなかったので、いずれ自然と大きくなるとしか思っていませんでした。

 

他の子はどんどん大きくなるのに、なぜ小さいままなのだろうとその時から悩むことか増えました。

体をたくさん動かして骨にしっかり刺激を与える

偏食で食べムラの多い子供なので、もともと食が細いので栄養をとらせることを中心に考えました。

 

カルシウムとは別にタンパク質を多く食べさせると良いと聞いて、なるべくタンパク質ので多いものを献立に取り入れたりバランスを考えたり、とにかく少ない量でも効率よく食べさせるために三食作るのにものすごく頭を悩ませました。

 

それと筋力を発達させるために体をたくさん動かせました。

 

幸い活発な性格なので、この点にはおいては特に悩むこともなくクリアできていたと思います。

 

気休めかもしれませんが、脚などをマッサージもしていました。

 

入浴後の血行がいいときに、なんとなく伸ばすような気持ちでマッサージをしたり、足裏をもんだりしていました。

年齢ごとの平均身長や成長曲線はチェックしておこう

3歳のフォロー検診までに成長曲線に入らなかったらホルモン分泌不全と考えて投薬について検討していくと言われていたのですが、幸い2歳の検討できてなんとか身長も成長曲線に入りホルモン分泌不全ではなく単なる小柄な体質なのだという結果になりました。

 

今でも大きい方ではありませんし、また同様の疑いが出てくるのは不安なので、成長を助けるためにも引き続きバランスのとれた食事を心がけて用意しています。

 

病院で指摘が無かったから、気にしておらずもしかしたら今でも成長曲線に入らなかったかもしれないので、指示をいただけてよかったと思います。

 

お子様の場合は平均身長や体重の成長曲線をよくチェックしてそのマイナス比率によっては病院で診てもらう方が安心できるかもしれません。